• スポンサードリンク

AndroidのNDKのclangはMIPSのMSAに対応しとらん

MSAってのはMIPS SIMD Architectureで、ARMのNEONやx86のSSE/SSE2みたいもんやねんけど。
まぁ、MIPSのCPU入った端末もっとらんし、どうでもええねんけど。
GCCでビルドすればサポートしてるんやけど。
本家の最新のclangがMSAに対応しとるんかどうかは確認しとらん。

UVCCameraリポジトリに入れてるlibjpeg-turboは一応MSAにも対応しとんねんけど、Android NDKでのGCCが非推奨になって近いうちに削除されるっていうんでclangにしたねん。でもMIPS向けはビルドでけんくなってもうた。
とりあえず、libjpeg-turboに入れてるAndroid.mkを、clangの時はMSAを無効にして、GCCならMSAを有効にするように修正しといた。でもAndroid NDKでGCCは非推奨やから、GCCでビルドするのは自分も推奨せんけどな。そもそも自分ではMIPSでの動作確認でけんし。でも削除するとMIPSを入れろってうるさいねん。

ちなみに、GCCでビルドするには、Application.mkで

としてちょうだいな。

clangでビルドするには、

にするねんけど、たしかr13あたりからデフォルトのコンパイラがclangになっとるから、NDK_TOOLCHAIN_VERSIONを記述せんかったら勝手にclangでビルドしよるで。

ついでに。
Android DevelopersのNDKのページを日本語で見ると、NDKの最新はr13b、でも実際には2017/03/24現在、r14が最新やねん。言語設定が日本語のままやと今のところ高確率でr14のダウンロードページにはたどり着かれへん。
その時は、Android Developersのページの下の方にある言語設定のドロップダウンからEnglishを選択すればr14ダウンロード出来るようになるからな。

« »

  • スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*