• スポンサードリンク

Android Studio 1.3が降ってきた。NDKサポートは…

結論から言えばAndroid Studio 1.3の安定版リリースでもNDKのサポートは公式には無しのままということで(´・ω・`)

Android Studio 1.3からRCがとれて安定版になったみたい。今朝起動したら通知が来てたので早速アップデート。
1.2.xはNDKのサポートがだめだめだから本ちゃんの環境は大部分がまだEclipse+ADT(^^)v 最悪動かんくてもいいと思えば気軽にアップデートできるね(^_^;)

((o(´∀`)o))ワクワク
1.2.xよりも起動が早くなった気がする^^前はスプラッシュが消えるまで数十秒以上…数分とかかかってたのが数秒になった。もっとも実際に使えるとこまでにはそれなりに時間がかかってしまうけど。

Module Settingsに、AdmobとかAnalyticsとかの画面が追加になってた。
enableをぽちっとしてみると…
build.gradleにcompile ‘com.google.android.gms:play-services-ads:7.3.0’とかが追加されるだけだった。
メニューとかも少し変更になったところがあるみたい。

肝心のNDK対応は、テスト用に昔作ったのを読み込んでみると…
WARNING [Project: :app] Current NDK support is deprecated. Alternative will be provided in the future.
ん〜まだ実験用のPlugin使ってbuild.gradleとかを書き換えなあかんのやろか?

とりあえずgradleを2.5にしてみた。gradle-wrapper.propertiesで元々は

となっていたのを、

にしてみた。・・・やっぱりダメだった(´・ω・`)

Android Developers Blogの記事によると、まだExperimental Gradle Pluginを使わにゃだめってことね。1.3が正式にリリースされたから期待したのにぃ〜

C++ Support
As a part of the Android 1.3 stable release, we included an Early Access Preview of the C++ editor & debugger support paired with an experimental build plugin. See the Android C++ Preview page for information on how to get started. Support for more complex projects and build configurations is in development, but let us know your feedback.

ちなみに、Experimental Gradle Pluginを使ってNDKでビルドする手順はこののページが大本みたいです。
実験用のGradle pluginを使ってNDKをビルドする手順(英語)
日本語で書いてくれてるwebサイトもいくつかあるので英語なんて読めないぜって人はそちらをどうぞ^^;

gradle-wrapper.propertiesの書き換えはともかくとして、build-gradleをガッツリと書き換えないといけなくて互換性が無くなってしまう上に実験用の実装だから将来どう変わるかも判らない…つまり現時点では仕事のプロジェクトを移行するにはかなりのリスクを伴うってことで、Android.mkとApplication.mkを使ってビルドするほうが確実って感じですかね。

« »

  • スポンサードリンク

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。