• スポンサードリンク

次のバージョン

海外の方からUSB接続のカメラからの映像をサイドバイサイドで表示できるようにならんかなぁって話を時々いただくので、次のバージョンではサイドバイサイド表示ができるようにしま〜す。
今流行のマルチコプターのFPV(First Person View)のゴーグル代わりにしようと言う人が多いようです(以前お医者さんからスマホをゴーグル風にして内視鏡の映像をみたいってのもありましたが)。

グルグル先生でも段ボールで作る3Dグラスを公開しています。
ダンボール製組み立て式3Dグラス

サイドバイサイドってのが何やねんって人は…本来は別々のカメラからの視差のある映像を左右に並べて表示してそれぞれを片方の眼だけで見ることで3Dに見えるようにしようっていう表示方法なんやけど、今回のは単に同じ映像を左右に並べて表示するだけです。
でも双眼顕微鏡を使ったことが有る方はわかると思いますが、対物レンズが1つ(=視差の無い映像)でも接眼レンズを2つにして別々の眼で見るだけでも、結構見やすくなり疲れにくくなるのです。昔朝から晩まで一日中顕微鏡のぞく仕事をしてたのでよくわかります(^^)v

後は前日情報を頂いた、Dimming時に録画が終了しちゃう機種対策で、エキスパート設定内にDimming時の最低画面輝度設定を追加します。

テスト的にはバックグラウンド録画とか端末内蔵カメラとのシームレスな切り替えとか、車のバックカメラ向けの距離スケール表示とか他のこともぼちぼちしてるんだけど、今のところはそれぐらいかなぁ。その他要望があれば前向きに検討します。絶対採用・実装するとは言わないですけど。

« »

  • スポンサードリンク

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。