• スポンサードリンク

GitHubで公開しているUVCCameraリポジトリに新しいサンプルプロジェクトを追加した

Androidが動くタブレットスマホ等でUSB接続の外部カメラ等からの映像を取得するためのUVCCameraリポジトリに新しいサンプルプロジェクトを追加しました。名前はUSBCameratest7(^_^;)相変わらず素っ気ない名前ですみません。
リポジトリへのリンクはこちら

中身は端末に接続した2台のカメラからの映像をサイド・バイ・サイドで同時に表示するってものです(USB2.0ハブが必要です。セルフパワー推奨)。前回追加したUSBCameratest6では1つのカメラからの映像を分配してサイドバイサイド表示していましたが、今回は2台のカメラへ同時にアクセスできます。同じ種類のカメラを2台準備してきちんと固定すればサイドバイサイドの3D録画なんてのも可能になるかも。
ただしUSBのバンド幅の制限からは逃れられないのであまり大きな解像度ではフレームレートが低下します。あと電池の消耗も激しいので気をつけてください(単純2倍よりも増えます)。

手抜きなのでカメラの自動検出・接続はしません。画面にタッチするとカメラの選択ダイアログが開くのでまだ繋がってないカメラを選んでください。既に繋がっているカメラを選択すると…確認してませんがどうなるんでしょうね(笑)本当は繋がっているカメラはオミットすべきなんですけど忙しいので手抜きです。
カメラに接続すると左画面優先で空いている画面に表示します。また映像が写っている画面をタッチするとカメラを停止させます。

30分ほどででっち上げたのでちゃんとデバッグしてないですが、手元のカメラと端末では大きな問題なく動いてます。解説は…時間がないので省略m(_ _)m まぁ強い要望があれば頑張って書くかもしれませんが、解説しなくてもソース見ればたいしたことしてないので直ぐにわかるでしょう。

« »

  • スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*