• スポンサードリンク

以前の記事で「MediaTekなのにUSB接続のカメラが動く端末がある(@ @)」と書いたけど(。・_・。)

以前の記事で、MediaTekなのにUSB接続のカメラが動く端末がある(@ @)と書きました。

その端末とは、ASUSのZenPad8.0(Z380M)でSoCとしてMediaTek MT8163を使った8インチのタブレットです。その記事を書いた時にはAndroid 6が入っていました。

先日久しぶりにZ380Mを立ち上げたところ、Android 7へのアップグレードが落ちてきたので適用したんですが…
なんということでしょう~😨珍しくUSB接続のカメラが使える数少ないMediaTek製SoCの入ったAndroid端末であったはずのZ380Mが…高確率でカメラとの通信に失敗するようになりました(T_T)

正確に言うと、組み合わせるカメラによって若干挙動がキョドってます。
LogicoolのカメラだとC910HDはほぼ百パーセント失敗します、C920rだと低解像度は動くこともありますが、HD以上は100%だめ。いずれも1回目のアイソクロナス転送は成功して最初のフレームが届いた後、次の転送開始要求する時に失敗します。
安いヘビカメラとかだと、解像度によっては8割ぐらいは動く場合もありますが、ボチボチ失敗します。
なんとなく、一定時間内に投げるURBのサイズと個数に妙な制限があるような…

余計なことせんでええのに(●`ε´●)
まぁ、「MediaTek製SoC搭載端末はUSBカメラは使えない」というのが原則なので、まっいっか。

« »

  • スポンサードリンク

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。